キッチン 場所別 工程別 間取り決め

最適なキッチンの通路幅は何m?ワークトライアングルも大事!

キッチンとカウンター(カップボード)の間の通路幅について、

どのくらい必要なのか悩む方は多いと思います。

わが家も悩みました(> <;)

通路幅も大事ですが、ワークトライアングルも大事って知ってましたか?

今日はわが家の実例も紹介しながら、

最適な通路幅とワークトライアングルについて

ご紹介出来たらと思っています♪

最適な通路幅は何m?

一般的にキッチンとカウンターの幅は1.0mを基準として、

最低0.8m、2人で作業する場合は1.3mあると良いと言われていて、

キッチンの入り口は配膳時のことを考えて0.8m以上が推奨らしいです。

それを踏まえてわが家の通路幅を見てみると・・・

おお!!最適です♪

(画像は私が適当に書いたものなのでザックリとしていてすみません;)

夫と二人でたまにキッチンに立つことがありますが、

すれ違ったり作業したりするのは問題なしです。

冷蔵庫前でシンク下の引き出しを開けたり冷蔵庫を開けたりしていたら、

さすがにすれ違いは厳しいですが;

ちなみに、引き出しを開けるとこんな感じです。

シンク下の引き出しと冷蔵庫の引き出しを同時に開けるのは厳しい;

冷蔵庫の上の扉は問題なく開けれます♪

そもそも、同時開けの機会がほぼないので今のところ特段困ることはないです。

ついでにコンロ下の引き出しとカウンターの引き出しも試しに開けてみました。

ここは同時開けしてもぶつからない広さです。

ここも同時開けすることはないですが、

片方の引き出しを開けても後ろに結構余裕があるので、

やっぱり基準値の1.0m程度の通路幅が使いやすいと思います(^ ^)

ワークトライアングルについて

ワークトライアングルとは冷蔵庫・シンク・コンロを結んで出来る三角形(トライアングル)のことです。

キッチンの作業効率は冷蔵庫・シンク・コンロを結んだときの長さでわかります。

冷蔵庫⇔コンロは1.2m~2.7m、コンロ⇔シンクは1.2~1.8m、シンク⇔冷蔵庫は1.2~2.1mで合計が3.6~6.0mだと最適らしいです♪

わが家はどうかというと、合計は3.9mなので適切ですが、

シンク⇔冷蔵庫が0.8mなので、ちょっと近過ぎます(^ ^;)

実際の使い心地で言うと、特に近いことで不便に感じることはないです。

冷蔵庫の上段扉が真ん中開きなのでシンクから振り返って開けやすいからかも。

冷蔵庫の扉の形状に助けられてます♪(^ ^)

後、材料を切ったり料理の準備をするのは

コンロとシンクの間の作業スペースでするので、

作業スペース⇔冷蔵庫の距離感はちょうど良いです。

ちなみに作業スペース⇔冷蔵庫の距離を測ってみたら1.2mでした。

最後に

実際に住んでみて、通路幅はわが家に最適です(^ ^)

後、ワークトライアングルは冷蔵庫・シンク・コンロ基準ですが、

実際の作業スペースの位置も念頭に置きながらレイアウトやサイズ感を決めると

使いやすいキッチンになると思います。

ポイント

  • 通路幅は1.0m程度が使いやすい。
  • ワークトライアングルも大事だけど、作業スペースからの距離感も大事。

最後までお読みいただきありがとうございます(^ ^)

-キッチン, 場所別, 工程別, 間取り決め
-

© 2020 まったりする家(パナソニックホームズの注文住宅)